バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

スイスの人間ドック事情

きょうは、午後も良い天気だったので、
陽が落ちる前に
花弥と散歩。
b0245488_07282147.jpg
写真は全て、14日(日曜日)

明日の日の出は8時12分、日の入りは17時5分
少しづつ昼間が伸びてくる。
嬉しいことだ。

さてさて、
先週の火曜日に5年振りに大腸内視鏡検査を受けた。
時々、日本にいる友人たちの武勇談を伺うと
皆さん、『入院』して、‥‥。
と仰る。
こちら、ここで、いつも
『いいなあ〜!』と思う次第。
スイスでは、もちろん大学病院のような大きなところでも
検査してくれるが、
大概は、
個人の専門開業医のところで、検査をする。

日本で言う人間ドックのようなシステムは、
聞いたことがない。
年に一度 家庭医のところで
血圧、血液検査、尿検査 などをして
数値に異常がなければそのまま。
何年に一度かは、
家庭医が「胃の検査を受けなさい。」とか、
「大腸の検査を受けなさい。」とか指示を出す。
今回は、「前の検査からもう5年も経ってるよ。」
「行かないとダメだね。」と 家庭医に言われた。
それで、渋々予約を取った。

で、
1月9日の検査と決まったのだが、
実はクリスマス休暇前に説明書と薬(粉)を
取りに行かなければならなかった。
それを、忘れた 120.png
医者も休暇を取っていてずっと休みだったので、
年が明けて8日の朝早くに電話をした。
すっかり検査は別の日になるだろうと思っていた。

電話で、
『ごめんなさい、忘れました。』
と言ったら、
『まだ、間に合うから今から薬を取りに来い!』
『以前とは、やり方が少し楽になったから大丈夫だ』と、仰せ。
『え〜!?』と
慌てて、薬を取りに行って
よくよく話を聞けば、
只今より、絶食! であった。
『し、仕事が‥』
などと言っていられない。
b0245488_08312064.jpg
水とコーヒーとお茶などの飲み物は、
飲んでも良いとのこと。
それで、
日本の健康茶をポットに入れて
正月明けの初仕事に臨んだ。
お腹が空きすぎてイライラし、
生徒をガンガン怒鳴りつける
などということもなく
無事 仕事終了。

夕飯時に、第一回目のお薬。
1リットルのお水に粉薬を混ぜて、飲む。
お腹が空いているので、
結構楽に飲めた。
(5年前は、午前と午後に分けて3リットルぐらい飲んだ気がする。)
それに比べれば、ずっと楽だ。
薬を飲んだ後に、1リットルぐらい水分を補給しなければならない。
翌朝、
ひろひろしながら、花弥の散歩。
散歩後、朝食時に
第二回目の1リットルの薬と水分1リットル。
お腹が空いてるので、
相変わらず結構飲める。
b0245488_08413995.jpg
そして、検査は午後の14時半。
麻酔をかけての検査になる。

検査が終わって、
医者が親切にコーヒーをサービスしてくれた。
あんなに普通のコーヒーを美味しく思ったのは、稀である。
検査結果は良好。
『また、5年後に来なさい。』と言われた。115.png

今回の大腸内視鏡検査での成果、
合計4食抜いて
2Kg体重が減った事。110.png
但し、
もう5日以上経ってリバウンドしてる事間違いなし。
体重計に乗るのが怖い私であります。


ブログ村ランキングに参加してますポチッ! よろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by akimimiyazaki | 2018-01-15 08:48 | 暮らし | Comments(0)