バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Flyfishing ( 3 ) タグの人気記事

ドイツ アルゴイ地方へ(3)

今回 宿泊したホテルは、Gourmet Hotel としても有名
ということを、宿泊予約を入れた後に気が付き
それなりに楽しみにしていた。

で、到着日 日曜のメニュー

前菜
b0245488_23411329.jpg
Seibling(ホッキョクイワナ)の冷薫製 イクラソースかけ

メイン
b0245488_2343212.jpg
猪と鹿のソテー Steinpilz(ポルチー二)のクリームソース

という訳で 期待に外れず 美味しく そして 美しく
大満足でありました。

月曜の朝は 軽く花弥ちゃんと散歩して朝食をとり
Isny im Allgäuの街を訪れた。
b0245488_012920.jpg

花弥ちゃん連れなので、教会等の歴史建築物内には 入らず
街を散歩して お昼用サンドイッチと偶然見つけた半額安売りブラウスを購入し004.gif
亭主殿の釣り場へと急ぐ。

亭主殿の最初の目的地には
なんとまあ お馬さんが 放飼い005.gif
b0245488_0184699.jpg

ワンコを見たら、大袈裟に騒ぐので 花弥ちゃんの方が、反ってビビる。
川岸には、どうしてもお馬さんの横を通らなければ行けず。
ので、花弥と私は 橋の上から 見物 と相成った。
b0245488_0242416.jpg
好奇心旺盛な馬が面白い 『あんた、なにしてるの?』
b0245488_040323.jpg

花弥ちゃんと、しばらく 辺りを散策してみたが
川に降りる道は無く、
だんだん 例の如く 私は個室を探したい状態 になる。
花弥も どう言う訳か 機嫌が悪くなり
b0245488_0444180.jpg

ついに、『ホテルまで、送って〜〜!!』と 亭主殿に懇願
車で15分のホテルに着いて、ほっと一息の
花弥と私でございました。
by akimimiyazaki | 2014-10-18 01:02 | 旅行記 | Comments(0)

花弥の初"Flyfishing"行

日曜日に娘夫婦と花弥と一緒に、
おにぎり持参で、
亭主殿の釣りについて行った。

ドイツの釣り場は家から、車で約40分の距離。
b0245488_22244396.jpg
『黒い森』の西南角辺りが見え始めたら、もうすぐだ

b0245488_22282861.jpg
『釣り場、そこ じゃないから 大丈夫よ!』 

b0245488_2238286.jpg

b0245488_22414616.jpg

b0245488_22454434.jpg

b0245488_22533491.jpg
b0245488_22565993.jpg


b0245488_2363485.jpg


b0245488_22584586.jpg
『そうねえ、ママも○○○に行きたい!』

近くには、レストランも無く、
物陰も見当たらず、
唯一 頼みの綱だったキャンピング場の施設も使用停止!
女は不便である!

ということで、気の毒な亭主殿は
たったの二時間で、釣りを切り上げさせられ、
近くの山の上の小さなホテルレストランに皆で大移動
b0245488_23204150.jpg


無事、帰宅し
グリルと相成りました。
b0245488_232891.jpg

まっ、前菜にはちょうど良い量でございました、です。
by akimimiyazaki | 2012-05-28 23:38 | 犬(花弥) | Comments(0)

亭主殿の趣味

日曜日に亭主殿が釣りに出掛けた。
釣りと言っても、Flyfishing

ほとんどが、ドイツのSchwarzwald(黒い森)の川で、釣りをする。
昔は、子供たちと一緒にお供をして出かけたものだが、
最近は、ちょっとねえ・・・。
お付き合いも結構疲れるんですわ・・・。
まっ、天気が良い日に、
今度花弥も連れてお供するか・・・・。

で、日曜日は巨大虹マスをお持ち帰りになられた。

亭主殿、大得意上機嫌である。
体長43㎝、体重1㎏の大物である。
なんでも、針に罹ってから魚籠に入れるまでが、大騒ぎだったそうな。

一日おいて、昨日の月曜日に
ありがたく頂いた。

今回は、ホイル焼き
b0245488_19505769.jpg

b0245488_19533815.jpg

塩、胡椒してから、オリーブオイルをたらしたホイルの上に、マスを置き、
お腹の中にレモンの輪切り、バター、タイム、パセリ、ネギ、等を詰め込み、
ホイルで、しっかり包んで230℃のオーブンで約20分〜30分。
ホイルがパンパンに膨らんだら出来上がり。
いたって簡単である。

ワインは、William Fevre(ウィリアム フェーブル)社のChablis Premier Cru(シャブリ プレミエ クリュ)Montmains(モンマン)2004

花弥には、頭としっぽの部分をお裾分け。
b0245488_21584568.jpg

上手に平らげて ご満悦の花弥ちゃん、
すやすやとお休みです。

しかしながら、さすがに1kgタンパク質は、
夫婦二人には、多すぎて
約3分の1は、今日のお夕食への持ち越しと相成りました。
by akimimiyazaki | 2012-05-22 22:12 | 食べ物 | Comments(2)