バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春が来た!

庭の辛夷が咲き出した。

この冬の寒さで、今年は、ダメかと思っていたが、
元気に花を咲かせてくれた。
辛夷は、目で楽しむだけでなく、甘い香りもする。
若き(別に若くなくても構わないのですが・・・)独り身の女性陣よ!
を口説くときは、夕暮れ時の満開の辛夷の花の下 がお薦めよ!』
なんて、アドバイスしたくなってしまう。(アホか、余計なお世話!
b0245488_634198.jpg

b0245488_66258.jpg
つぼみがたくさんあるので、今回は少し長い期間、花を楽しめそうだ。

さてさて、花弥もこのところ天気が良いので、
超ご機嫌 
b0245488_6131580.jpg

b0245488_6214870.jpg
フォトモデルも喜んで引き受けてくれた。
b0245488_6274854.jpg


ところで、先の19日の月曜日は、娘の誕生日。
この日、娘は入籍した。
b0245488_633937.jpg

結婚パーティーは、夏休み中に予定。
すべて、手作りパーティーにするつもり。
なので、ハイ、たいへんです。
まだまだ、娘を嫁に出して
ホロッとしたりする、余裕の母親気分になってはいられません。
どちらかと言うと、ギャオー!!
by akimimiyazaki | 2012-03-23 06:48 | 犬(花弥) | Comments(2)

沖縄旅行 その参

二日目の続きから。

夕食は、ホテルの中華レストラン『花梨』で、食べ放題。
少しずつ、いろいろなお料理を注文出来て、母と大満足。
b0245488_21484838.jpg

美味しい料理に舌鼓を打っていたら、
突然、外が騒がしくなる.
外を眺めて、
客一同、『えーっ!!?』057.gif
b0245488_21541391.jpg

皆さま、一様に明日の天気を心配したでしょうなあ。
が、食事が終わる頃には、雨も小振りになり、
またしても、『まっ、いいかっ!』
休暇中は、気分が良いから、『まっ、いいかっ!』を連発出来る。001.gif

三日目の朝食は、昨日と同じ所だったのだが、ちょっと混んでて順番待ち。
この季節で、こんなだと、夏の間はさぞや混雑するのだろうと、
要らぬ取り越し苦労。

天気も昨日の大雨などは、どこに行ってしまったのやらで、
薄日も射す、好天気!!
b0245488_2215593.jpg

ホテルに『ありがとさん!』と言い、チェックアウトして、空港行きリムジンバスに乗り込む。
バスは、なんとまあ、我々以外は、後でお一人乗車があっただけの、貸し切り
b0245488_22162763.jpg
b0245488_22172749.jpg

一等席で車外の景色を楽しみながら、那覇空港に到着。

空港のコインロッカーに荷物を詰め込み、今度はモノレールで、首里城に向かう。
b0245488_22225426.jpg
b0245488_22252491.jpg
守礼門
守礼門を通り過ぎ、
b0245488_22291922.jpg
歓会門
城郭に入る第一の正門で、歓迎されながら、奥に進む。
b0245488_2234473.jpg

b0245488_22362198.jpg
龍樋(りゅうひ)(王宮の飲料水として使われていた湧き水)

このへんから、母も私も息が乱れてきて、
ここを毎日通ったお役人の方々はたいへんだったろうと、
『若くなくちゃ、お役人もやってられないよねえ。』と
テンペストの仲間由紀恵さん風の若い美男子想像しながら、
昔のお役人に思いを馳せる。

b0245488_2245457.jpg

ようやく、正殿にたどり着き、内部の見学。
b0245488_22541591.jpg
御差床(うすさか)
もちろん国王が座る玉座である。
b0245488_2322135.jpg
国王の冠
b0245488_2384476.jpg
往時を偲ばせる御庭(うなー)のミニチュア

b0245488_23124711.jpg

城内の休憩所にて、遅めの昼食を頂いた。
メニューは庶民のお食事で、もちろんゴーヤチャンプル
おいしくて、二人共、完食!
その後、ゆっくりと近くの玉陵(たまうどぅん)を見学し、
のんびりと、モノレールに乗って、
b0245488_2323174.jpg
帰途に着いたのであります。

夜中にようやくたどり着いた宇都宮は、
雪が降った後でありました。

日本は広い!と実感した次第。

なかなか良い旅行でありました。
感謝!
by akimimiyazaki | 2012-03-19 00:01 | 日本 | Comments(1)

沖縄旅行 その弐

さて、沖縄での二日目は、
ゆっくりバイキング式朝食をすませ、
のんびりとタクシーで約20分の琉球村を訪れた。

b0245488_2354325.jpg
見頃を過ぎてしまった桜
沖縄の桜祭りは2月中旬頃だそうだ。残念!

中曽根家、島袋家、etc. 旧家のお家を見学。
b0245488_00234.jpg
b0245488_012396.jpg

途中、売店で紅芋ソフトクリームを購入。
売店のオバサンが、ちょっと若いオバサンともうちょっと年配のオバサンに、
『あなたたちだけによ!』と言って、ソフトクリームを大盛りにしてくれた。
『ダイエット中だから、結構です。』などと、
そんなバチアタリな事は言わず、ありがたく大盛りを頂く。

見学コースで、可愛いシーサーを見つけ、
b0245488_011740.jpg

ラン科の美しいお花に暫し見とれ、
b0245488_0141359.jpg

琉球芸能を ここでも堪能した。
b0245488_016996.jpg
b0245488_017848.jpg
b0245488_0181229.jpg

琉球村で購入した、古酒(クースー)シーサーは、
b0245488_0342889.jpg
b0245488_0353054.jpg

はるばると宇都宮系由で、バーゼルに無事に到着。
それぞれに、しっかりとお役目を果たしているのであります。
by akimimiyazaki | 2012-03-18 00:45 | 日本 | Comments(0)

沖縄旅行 その壱

母と2月27日から二泊三日の沖縄旅行に出かけた。

日本帰国の間に富士山を見られると嬉しい気分になる。
b0245488_19234793.jpg


那覇には、お昼ちょっと過ぎに到着。
で、『腹が空いては戦さが出来ぬ』と、空港内で
ソーキそばを頂く。
早起きしていたので、汁物がありがたい。
母と大満足。

ちょっと奮発して、ホテルまではタクシーを使う。
宿泊先は、ANAインターコンチネンタルホテル万座

途中、運転手さんが万座毛に足を伸ばしてくれる。
b0245488_19313462.jpg
琉球王朝の時の王である尚敬王が、「万毛(毛は原っぱのこと)」(言い換えると「一万人が座れる広い原っぱ」)と評したことに由来されている。
海が荒れていて、なかなか迫力があった。

『象の鼻』の反対側には、これから泊まるホテルが見える。
b0245488_19364970.jpg

万座毛を後にしてホテルに向かう途中、
我らがホテルを見て、
母がいきなり、「イタリアで沈んだ船に似てる」と仰せになる。
これが、タクシーの運転手さんにうけて、大笑い。008.gif
まっ、いいかっ!

その晩は、ホテル内でのレストランで琉球芸能のショーを楽しむ。
b0245488_19481813.jpg
メンバーは女性ばかりで、5人。
b0245488_19542037.jpg

彼女達が、獅子舞からエイサー演舞まで大奮闘してくれた。
沖縄女性のパワーを満喫して、
b0245488_2012610.jpg
ついでに可愛い三板(さんば)を母が買ってくれ、(練習しろ、というプレッシャーを感じながら)(笑)009.gif
部屋に戻ったのでありました。
by akimimiyazaki | 2012-03-16 20:13 | 日本 | Comments(0)

宇都宮女子高等学校

長い間ご無沙汰しておりました。
先の火曜日(6日)に無事帰瑞しております。

さて、少しばかり、お里帰りの思い出話にお付き合いをお願いします。

実家に到着した翌日にNTTから技術者が来てくれて、WiFi接続が完了!001.gif
我がiPhoniPadも接続出来て、バンザーイ!!!
しかし、・・・・・喜びも束の間でした。008.gif

コピー機をコードレスにしようとして、悪戦苦闘!
一度、印刷機のソフトをアンインストールしなければならない事に気づくのに、
丸一日を要し、結局、3日費やしてようやく、こちらも成功!!!

合間に、母とマンションの近くを散歩。

我らが母校がすぐ近くなので行ってみる。(母も、嘗ての宇女高生)
b0245488_17425230.jpg

宇女高卒業のなでしこジャパン、安藤梢選手の優勝祝い
『オオー!』とか言って、遅ればせながら写真に収める。
b0245488_17505469.jpg
『操橋(みさおばし)』
b0245488_1844344.jpg
1990年に改築された図書館横から操橋を眺め、一旦、敷地外へ。

b0245488_1812364.jpg
安藤梢選手の後輩達のトレーニングを見かけて、またシャッターを切る。

実は、私、高校時代に仲間7人ほどで、サッカー同好会なるものを設立しておりました。
人数が少なかったので、部活になれず、残念でしたが、
皆で、和気あいあいトレーニング、というよりも、ボールと遊び、
且つ、当時の社会人サッカー栃木代表の『藤和不動産』の応援に行ったりしたものです。
by akimimiyazaki | 2012-03-09 18:24 | 日本 | Comments(0)