バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:演奏旅行( 5 )

ロシア演奏旅行 10月31日(水)続

31日の続き

モスクワの空港は、後からよく思い出してみると
我々以外は係員だけのような寂しい所だった。emoticon-0124-worried.gif

モスクワでは、宿泊ホテルが2軒あり、弦楽器と管打楽器で、分けてあるので、
バスも、同じように、弦楽器奏者で2台と管打楽器奏者で2台を利用するように、
との指示があった。
バスは、演奏会場に直行し、スーツケースはバスの中に置いたままにする 
とのこと。
スーツケースに黒服(演奏会用)を入れていた女性何人かが、
慌ててスーツケースから服と靴を出していた。
私も、スーツケースから黒のストッキングを引っ張り出す。
(男性陣の燕尾服は大型楽器群と共にトラックで運ばれている。私の黒服もそちらに入れた)

皆、臨戦態勢になっていた。

ガラス窓ごしに見える外は雪が降っていた。

ここで、また、ところが である。

待っているバスが一台しか無い!
とりあえず、弦楽器の第一陣が乗り込む。
指揮者のためには、タクシーが待っていた。
もう一台のタクシーにステージマネージャー(いわゆる楽器係)が、2人乗り込んで、
そのタクシーにドメニコが「自分も乗せろ』と交渉しているのが見えた。
彼の感じで、おそらく 彼の目は、三角になっていたと思う。
笑っちゃいけないとは思うが後で思い出すと、可笑しい。emoticon-0136-giggle.gif
他の若い衆(打楽器)も乗ろうとしていたが、結局ドメニコだけが乗って行ったらしい。

演奏会場には、もうひとりのステージマネージャーが昨日から夜行列車で到着している筈。
(今回の彼の感は、大当たりであった)
なので、大方の楽器セッティングは、まあまあだいじょうぶだろう、と思う。

それにしても、後のバス3台はいったいどうしたのだろう。

結局、前のバスが出発してから、一時間!
空港の寒気を防ぐため二重構造になった出口のガラス張りの内側で待たされた。
(後で、話を聞くと他のバスは別の所へ迎えに行っていたらしいemoticon-0104-surprised.gif

ようやくバスの乗り込んだのが、午後6時。
バス3台の中で、先頭を走り出した運転手が焦っていたようで、(そりゃ、そうだろう)
空港の出口ゲートを間違えて乗用車用から出ようとしているのが、見えた。
はい、悪い事は重なります。
バックして後続のバス共々、空港ゲート内を一回り。
ここで、すでに約5分のロスタイム
もう誰も、冗談を言わない。
b0245488_02674.jpg

しばらく走ると、渋滞になった。
空港からモスクワ市内に行く道路が渋滞になるのは有名だ。
外の景色が、まだ白樺林が見えるあたりで、 19時になった。
b0245488_0361397.jpg

オーボエのクリスチャンが後ろの方でAを吹いた。
(オーケストラの演奏の前にオーボエのA/ラの音 で、皆の楽器の音程を合わせます)
多いに受けて、皆でどっと、笑う。emoticon-0140-rofl.gif
かなり自暴自棄的な笑いだった。

8時になってもまだ、渋滞中。
外は、少し住宅街の風。
まだまだ、中心部ではないのがわかる。

結局 会場に到着したのは9時少し前。
演奏会は 決行!とのこと。
『ヒェー!』
走って会場に入り、自分の衣装の入ったケースをひったくり、
階段を駆け上り、『女性の着替え室はどこ?』 『トイレはどこ?』で、とにかく5分も掛からないで
すべてのことをやり、鏡も見ないで舞台に出る。
待ちくたびれたお客が拍手してくれる。emoticon-0107-sweating.gif
『ハイハイ、ありがとさんです。すんません、 ニコニコしとられません!』
大急ぎで、自分の使用楽器のセッティングをする。
まだこちらが終わらないうちに、弦楽器の連中がアンコールで用意していた
Barberの「弦楽のためのアダージョ」演奏し始めた。
指揮者の機転だったらしい。
舞台上でおとなしく座っていたら、少し気持ちが落ち着いた。
でも、喉がカラカラだった。
休憩でバナナ一本と水を少し飲む。
(後で聞くと、控え室にはサンドイッチがあったとのこと。こちとら、そんなの食べてる暇もなかった!emoticon-0120-doh.gif

チャイコフスキーの『1812年』は、最高の出来だった。
会場のTschaikowsky-Saalは、ものすごく音響が良く、
とても演奏し易かった。
すべての曲を演奏し、
演奏会が終了したのは、11時過ぎ。
b0245488_1313859.jpg

帰り際にもう一度舞台に出る。
『この舞台、もう少し長くいたかった。』と
ちょっと、感傷的になる。

翌朝6時起床。
8時に空港行きバスで出発。
今度はすべてがスムーズに行き、
予定時刻に少しだけ遅れてバーゼルに11時半到着。
バーゼルは暖かく まだ秋であった。
by akimimiyazaki | 2012-11-09 02:13 | 演奏旅行 | Comments(4)

ロシア演奏旅行 10月31日(水)

朝8時出発のバスに間に合うよう6時起床。
だいたいの支度をして、ゆっくり朝食が頂けるよう7時前にダイニングに行く。
b0245488_22373841.jpg

なるほど豪華な朝食だ。
いろいろ試して最後には、イクラたっぷりのクレープを食す。emoticon-0100-smile.gif
美味であった。

が、これがこれから始まる長ーい一日で唯一のまともな食事になろうとは、
オーケストラの団員の誰が予想出来たであろうか・・・・。

8時のバスは、予定通り出発。
St. Petersburgの空港に着くと、
さっそく荷物検査があった。
検査を済ませて中に入ると、他の連中の様子がおかしい。
電光掲示板らしきものを見ると、すべて行き先が外国になっている。
どうも、バスの運転手が我々を間違えて国際線ターミナルに連れてきてしまったらしい。

その場で、約30分待つ。

結局そのターミナルでチェックインすることになった。
どうやら、一昨日乗ってきたチェコの航空機が国際線のほうにあるので、
ターミナルは正しかったらしい。
荷物を預け、後はパスのコントロールかな? と思いきや、
その場で2時間は待たされた。
b0245488_2391774.jpg

なんだか訳が分からず待たされた。
b0245488_23114279.jpg

イスの数も少ないので、皆床に座り始める。
b0245488_23125181.jpg

常任指揮者も床で休憩。

この頃になって、私はアドリアンがいないのに気づく。
お寝坊したらしい。
国際線ターミナルで、皆が床に座り出した頃、タクシーで駆けつけてきた、そうだ
お寝坊さんは、3人いたらしい。
アドリアンにタクシー代を訊いてもはっきり教えてくれなかった。
相当ボラレタのだろう。気の毒に、彼は、昨日から踏んだり蹴ったりだ。
彼の弁だと、普通演奏旅行のときはホテルでモーニングコールをしてくれるはず。
まっ、確かにそうだ。アドリアンの言う事も一理ある。

で、何が何だかわからないうちに
事務長が来て、『ターミナルを変える 』と言う。
でも、『我々が一度に乗れるようなバスがないので、
ミニバスが来ます。』
と、宣う。

で、先ほどの荷物検査のところまで戻って、ミニバスを待つ。
ミニバスは、一度に13、4人で定員だ。
この辺りから、『もうこのまま、おうちに帰ろうよー。』冗談で誰かが言い出してた。
まだ、軽い冗談だった。
『総勢120人近くのメンバーをミニバスに乗せるとバスは何台必要でしょうか?』
という、なぞなぞを近くにいるメンバーと出し合った。emoticon-0118-yawn.gif

私は、2回目に来たミニバスに乗って、約10分で国内線ターミナルに到着。
また、荷物検査があって中に入ったらその辺で待機しろ、と言われる。
皆で、おとなしくベンチに座って、待つ。
このあたりで、とうに12時はまわっていた。

合間に大急ぎで紅茶とサンドイッチ(半人前)を食べた。

少しずつ情報が入ってきたが、雪で遅れているのと、
チャーター便の航空機のターミナル変更時に、
調度いい具合に、ロシアの首相Medwedew氏が、
St. Petersburgの空港にお出ましになったそうだ。

はい、もちろん安全上 空港は封鎖状態である。

ようやく、チャーター便に乗り込めたのが、15時過ぎ。
b0245488_2355230.jpg

モスクワ到着は、17時を少し過ぎていた。

続く
by akimimiyazaki | 2012-11-07 00:05 | 演奏旅行 | Comments(0)

ロシア演奏旅行 10月30日(火)

『ロシアでは室内を暖かくして過ごすんだ。』と婿殿から聞いていた。

St.Petersburgのホテルも例外ではなく、暖かかった。
というか、暑すぎた。
で、暑いのと時差とで夜中過ぎても眠れず、睡眠剤を2錠飲んだ。
翌朝、効きすぎて起きられず、お昼頃までゴロゴロ寝てた。emoticon-0113-sleepy.gif
亭主は、一人で朝食を食べに行き豪華な朝食だったと、しきりに自慢する。
『フン、明日は何が何でも食いに行くぞ!』と思う。emoticon-0143-smirk.gif

まだ、仕事までには時間があるので散歩に出る。
今日は、暗くて寒い。
トロイツキー橋を観に出かける。
b0245488_6513830.jpg
ネバ川に架かる跳ね橋。マルスの広場とペトログラード側を結ぶ。20世紀初頭、エッフェルの設計で建造された。
b0245488_714978.jpg
婿殿のために説明文らしきものをアップで写す。
後で訳してもらおう。

橋のたもとに釣り人が居た。b0245488_765718.jpg
うちの亭主、そばまで行って覗いてる。
『オレも釣りしたい』
などとアホな事を言い出すのではないかと
ハラハラした。



帰り道に粋なカフェで、お昼にボルシチを食す。
b0245488_7164144.jpg

b0245488_7173570.jpg
カフェ

ホテルで少し休憩して、
15時半過ぎに演奏会場Philkarmoniaに向かう。
観光気分はお仕舞で、戦闘開始!
b0245488_728187.jpg
舞台の奥行きが狭いので、我々の大所帯打楽器群は、パイプオルガンを挟んで右と左に泣き別れ。
b0245488_7303350.jpg

b0245488_7312661.jpg

練習の時にテレビのカメラが鐘を叩いている私を撮影したと、
指揮者がニコニコ顔で教えてくれる。
そういうことは、もうちょっと若い時にしてほしかったと、言いたかったが、我慢した。

曲目は、
Alexander Raskatov(*1953) 作曲 Mysterium Magnum 初演 ・・・・・・・・・・・・・Glockenspiel etc.演奏・・・・・・・
Alfred Schnittke(1934-1998)作曲 Konzert für Viola und Orchestra (1985)
Yuri Bashmet (Viola)・・・・・・・チャイム演奏・・・・・・・・
Pjotr Iljitsch Tschaikowsky(1840-1893) Ouvertüre 1812, op.49 (1880)・・・・・・・・トライアングル/鐘 演奏・・・・・・・・

ところで、この練習にうちの若い衆の一人Szilardの姿が見えない。
どうしたのかと訊いたら、
どうやら昨日飲み過ぎてお腹をこわしたらしい。
エーッ!!!emoticon-0104-surprised.gif
『弦楽器の大勢さんと違うんだから一人居なかったらたいへんなんだけどー。』
練習のときは、パイプオルガンの向こう側で
可哀想なアドリアンが一人で二人分を何とかごまかして演奏していた。
さてさて本番はどうするか、皆でハラハラしていたら、emoticon-0124-worried.gif
青い顔してご本人が登場。打楽器連中の平均血圧が上がった事、請け合いである。

まっ、「終わり良ければすべて良し」で、
この日に突然配られたアンコールの曲("Tea for Two")をほとんど初見で演奏し、
お客様は、Standing Ovation
演奏会は無事終了。

その後、ホテルで立食パーティーがあり、emoticon-0123-party.gif
お料理もおいしく、楽しく皆で歓談し、
明日のため、早めに眠りについたのであります。
by akimimiyazaki | 2012-11-06 08:53 | 演奏旅行 | Comments(0)

ロシア演奏旅行 10月29日(月)続

29日の続きです。

散歩から戻り 部屋で一休み。
18時に打楽器の同僚たちとホテルのロビーで待ち合わせ。
18時にちょっと遅れてドメニコが走ってくる。
同僚たちは、どうやら、もうどこかで食前酒(?)一杯をやっていたらしい。

もうしばらく待って、ようやく全員が集まり、
「肉を食べよう」と話が決まる。
で、アドリアンがフロントに訊きに行く。
しばらくして戻ってきたアドリアンが言うには、
歩いて15分ぐらいのところに良いレストランがあるとのこと。
「そんなら行くべっか!」と、皆で、歩き出した。
ところが、である。
行けども行けども到着しない。emoticon-0107-sweating.gif
さすがに皆もお腹が空いてきて、
アドリアン!ほんとうに こっちの方角で良いの?』
『レストランは、どこだー?』
『腹、減ったー!』と、いろいろ言い出した。
結局、約30分かかってようやく到着。
b0245488_23515666.png
Aがホテル、 Bがレストラン

レストランの中はどっしりと落ち着いた雰囲気。
クローク係の紳士がコートを受け取ってくれる。
『こりゃ高いでー!』と、内心、皆(たぶん)思う。

Restraunt Stroganoff
b0245488_06164.jpg

ステーキとワインを皆で美味しく頂き、後はウォットカも嗜み、
エスプレッソで締めて、大満足。
b0245488_0125642.jpg
大満足の打楽器の同僚(右からSzilard, Adrian & Domenico)、どう見ても悪ガキ3人組だ。
(まっ、うちの息子と同年輩だから仕方ないか)


帰りの道のりは、食事をして元気になったせいか短く感じられた。
おかげ様にて、今回は、時間がないので諦めていたエルミタージュ美術館や聖イサク大聖堂。
外観だけでも拝むことが出来た。
b0245488_039526.jpg
聖イサク大聖堂

b0245488_0403661.jpg
エルミタージュ美術館

b0245488_043158.jpg
カザン聖母聖堂

ホテルにたどり着くと悪ガキ3人組は、
どうも飲み足りなかったらしく2次会にお出かけ。
若いうちは、元気がいいからね。
と、こちらは鷹揚に『いってらっしゃーい!』
で、あった
by akimimiyazaki | 2012-11-05 00:58 | 演奏旅行 | Comments(0)

ロシア演奏旅行 10月29日(月)

早朝4時半に仕掛けた目覚ましで無理矢理起床。
5時15分に亭主と隣人でオーケストラの同僚デービットの運転する車でいざ出発

花弥は、昨晩から泊まりがけ態勢の娘夫婦が面倒を見てくれることになっている。

最終集合時間の6時に充分間に合って空港到着。
チェックインもスムーズに終わり、
コーヒーとクロワッサンで一息つく。
バーゼルの空港は、フランス国敷地内にあるので、
公用語もフランス語が強い。
なので、朝食もフランス風。emoticon-0105-wink.gif

飛行機は、チェコのチャーター便。
b0245488_037074.jpg

大体の予定時刻にSt. Petersburg到着。
スイスとの時差は3時間。

空港での入国審査も無事に済んだが、
弦楽器奏者たちは、自分の楽器を税関申告しなくてはならず、長い列をつくって辛抱。
我々打楽器奏者と管楽器奏者は一足先にバスに乗り込んでホテルに向かう。

途中、『見つけられるか?』と捜した聖堂がある。
Troitskiy Sobor 娘婿の姓と同じ、 トロイツキー聖堂。
b0245488_0484868.jpg
中央右の青い丸屋根
バスの窓越しに辛うじて、写真に収めることが出来た。

到着したホテルは、Grand Hotel Europe
あまりの豪華さに、ちょっと感激する。
b0245488_1204892.jpg

で、ここで、ちょっとしたマンガ的出来事。emoticon-0140-rofl.gif
部屋にテレビが無い!
『えーっ!!? こんな、豪華なホテルなのにテレビが無いのおー?』
とがっかりする。
が、よく部屋の中を見ると、テレビ用リモコンがあるではないか・・・???
『ちょっとー、どこにテレビがあるのー?』と、ひと騒動。
しばらく捜したが、見つからないので諦めた。
つまらないので、明かりのスイッチをいろいろ試す。
突然ブイーン・・・と音がする。
b0245488_1295174.jpg

はい、テレビが高級家具から出てきました!
b0245488_131769.jpg

田舎者はビックリした次第。

暗くなる前にちょっと散歩に出る。
b0245488_1394498.jpg

ロシア美術館の前を通り、
b0245488_1412669.jpg

血の上救世主教会」正式名はハリストス復活大聖堂の脇を少し散歩。
寒いので取り敢えず、ホテルに戻ることにした。

続く
by akimimiyazaki | 2012-11-04 01:59 | 演奏旅行 | Comments(0)