バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

Pfingsten (聖霊降臨祭)の休みにBerlinへ (5)最終回

日曜日の演奏会後
DSO (Deutsches Symphonie Orchester) Berlin の
Solo-Pauker Erich Trog に連れ合いが挨拶にカンティーネへ。

彼と連れ合いとは、昔あちこちのオーケストラで
よく一緒にオーケストラ入試試験を競い合った旧知の仲だそうな。

そのErich が、
『さっき、休憩の時 Stephanが来ていたよ。』
と教えてくれた。
『えーーっ!?』
『今夜は、ベルリンの実家に泊まるって言ってたよ』

で、月曜日の午前中にホテルから連れ合いがStephanに電話した。

彼は、
Vogler先生の同門で、当時のベルリンで一緒に勉強した
Stephan Cürlis
(NDR Elbphilharmonie OrchesterのSolo-Pauker)

Stephanが、お昼過ぎにホテルまでわざわざ駆けつけてくれて
皆で軽く食事。

まあ、今回のベルリン訪問では、Solo-Pauker
沢山 お会いした。
ベルリンフィルの元Solo-PaukerのProf. Vogler先生を始め
ベルリンフィルのSolo-Pauker Rainer Seegers
そして上述の Erich Trog 氏
最後に Stephan Cürlis 氏
連れ合い(Solo-Pauker Sinfonieorchester Basel)を入れたら、
『Solo-Pauker 五人男』!!
なんか、歌舞伎の演目(白波五人男)みたいだ。
それぞれ、口上もあったら良かったかも?104.png

というわけで、シュテファンとも昔話と近況報告と等々で
盛り上がり、
ハッと気がついたら
もう15時過ぎ!
名残惜しくお別れして、荷物を持って空港へ向かった。

ハイ、おまちかね!
御察しの通り
ドタバタ騒ぎ第二弾
鳴り物が入ります。
169.pngデデン、デンデン169.png

ドタバタというより、焦りまくった訳を
判りやすく、時間で表記する。
ホテル 15時20分出発
Alexander Platz 15時58分発の列車
Schönefeld Flughafen 16時20分到着

ちなみに、EasyJet のチケットには、
「搭乗口には、16時30分までに到着」と表記
Basel行きは、17時発
b0245488_05454481.jpg
Basel発の往路にて

チェックインは、今どきのやり方なので
バーゼル出発前に、往復とも終了していた。

最初にAlexander Platzで列車の時刻表を見て青くなった。
空港到着時刻を見て、ますます青くなった。149.png
というか、白くなってたかもしれない。
16時20分に着いて、あの長い行程を
しかも荷物検査という七面倒くさい行事を済ませ
16時半にゲートに到着できるわけがない。
しかしながら、タクシーに乗っても
Alexander Platzからだったら、
20分以上かかる。
なので、観念して
列車に乗り込んだ。

列車は、結構混んでいたが
幸いなことに2席空いていたので、
カッコつけて遠慮などせず
図々しく夫婦で座る。
嵐の前の休息だ。
b0245488_05495650.png
時刻表通り16時20分に駅に到着。
ここから、
夫婦の 
無言の競歩競争が始まった。
抜きつ抜かれつ、
向かい側から歩いてくる人々を自在にかわしながら、
b0245488_05161786.png
Terminal B に向かった。
それでも、
ここまで10分掛かってなかったと自負。115.png
ここで、空港券の自動チェック。

さて、いよいよ 例の荷物検査。
ベルリンの検査人は、大変不親切。
バーゼルの方がまだまし。
ましてや日本の親切な方たちとは大違いで、
『どうして、おまえは飛行機に乗るんだ。乗らなくていいだろう。』
『なんで、こんなことをわたしらがしなくちゃならないのか?』
『こんなことをしてるのは、おまえらのせいだ』
みたいな、雰囲気と威張りよう。
「そんなにいやなら、仕事辞めればー」と
喉まで出かかったが、時間がないことを思い出し
我慢した。
ここで、7分のロス。
取り敢えず、無事終了して
後は、何度か来たことのある小さな空港内。
疾風の如く
夫婦で走った。

ゲート到着16時40分。
奥のガラス窓越しに、
飛行機のタラップを登っている人たちの最終尾が見えた。
チケットとパスポートをチェックしてもらって、
ほとんど最後に機内に乗り込んだ。
席に落ち着いたら、ドッと汗が出た。

計20分で 空港駅から航空機内に入ったのは、
記録じゃなかろうか?
とか思いつつ 
ようやくホッと一息。

バーゼルに着いたら
皆がのんびりしているように見えたのは、
気のせいか?

花弥ちゃんは、娘夫婦に面倒を見てもらい
平穏に過ごしていた。
b0245488_06085528.jpg
お終い




ブログ村ランキングに参加してますポチッ! よろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
by akimimiyazaki | 2017-06-13 06:32 | 旅行記 | Comments(0)