バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

我が家のクリスマス定番 ローストビーフ

クリスマスのお祝いも一段落し、
今日は、Stephanstag(聖ステファノの日)
朝 のみ陽が差し
b0245488_00085190.jpg
その後ずっと
まるで こちらの状態に合わせてくれてるかのように
どんより曇り空
おかげでゆっくり出来た。

さて、今日は
同郷の若くて
肉が大好きな後輩の女性たちのために
我が自慢(?)レシピを公開
b0245488_00152935.jpg
牛肉は1Kg以上の塊がお薦め
今回我が家は、総勢大人7人子供2人だったので2Kg
塩と黒胡椒を擦り付けて
フライパンで全面それぞれ2分以上かけて焼き色をつけます。
b0245488_00201833.jpg
肉を炒めたフライパンを洗わないでそのまま使用します。
玉ねぎ、人参、ニンニク、セロリ、ローリエの葉 etc. をさっと炒めます。
b0245488_00231894.jpg
蓋つきキャセロール(オーブン用)の中に入れた
肉の上に乗せ
あれば赤ワインの残りなどを振りかけ
b0245488_00285169.jpg
今回は、4日ほど前に我が家に滞在していた同窓友人たちと
飲んだ我等が卒業年のワインの残りを使用emoticon-0142-happy.gif

前もって温めておいた220℃ぐらいのオーブンに入れて、
40分ぐらいしたら一度取り出して
肉の焼き具合を確かめます。
肉用温度計があれば一番簡単で、
肉の中心に差して測ります。
私の好みでは
60℃弱になってればOK
温度計がない場合は
金串を真ん中まで差して1分ほど待ち
抜いて、手のひらか唇で確かめます。
人肌ぐらいの温度ですと
かなりレアになります。
で、今回 うちは1時間以上かかりました。
こんなもんかなあ〜
と思ったら
b0245488_00392907.jpg
取り出してホイルに包んでおきます。
野菜は捨てないで、
b0245488_00403319.jpg
お水を少し足してソースを作ります。
しばらく煮込んだら網などで漉して
コンソメやトンカツソースやケチャップなどで
味を足して出来上がり!
b0245488_00465514.jpg
b0245488_00475140.jpg
料理の専門家が見たら
えーっ?!
なにそれ?
となるかなあ
素人が
一年に一度作っているうちに
形を成してきたレシピです。
どうぞご勘弁を。








ブログ村ランキングに参加してますポチッ! よろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
by akimimiyazaki | 2016-12-27 00:53 | 食べ物 | Comments(3)
Commented by Joschi at 2017-01-11 05:34 x
はじめてコメントさせていただきます。
私はスイス在住6年目ですが、未だに方法も探さず、分からず、ローストビーフはレストランで食べるもので、作ったことがありませんでした。
akimimiさんのレシピ、ぜひ参考にさせていただきたいと思います!ありがとうございます!(^^)!

ひとつ質問なのですが、お肉の塊は、どの部位を使われていますか?お肉屋さんで「ローストビーフ用」として売られているものでしょうか?
Commented by akimimiyazaki at 2017-01-11 07:15
Joschiさん はじめまして!
ご質問のお肉の塊部位ですが、だいたいいつもドイツ語でHohrücken というところを購入しています。ステーキにもなりますが、ちょっと脂肪が多いところです。
これですと、凍らせてから薄くスライスするとスキヤキや焼肉にも使えます。一度試してみてくださいな。
Commented by Joschi at 2017-01-12 22:33 x
返信ありがとうございます!
Hohrücken 、肩ロースでしょうか、これで、すき焼きや焼肉までとは・・・('ω') いつも焼肉はパックで売られている良さそうな柔らかい肉で作っていたんですが、すき焼きはもうほぼ、諦めていました・・・
私もお肉屋さんで今度購入して、ロースビーフに挑戦して見たいと思います(^^)