バーゼルから 気の向くままに

akimimi.exblog.jp
ブログトップ

三十三年前

今日は、息子の誕生日。
Facebookでは、彼のたくさんの友達からお祝いの言葉を頂いているようだ。

ひとくちに33年前なんて言っても
若い方達には ながーい年月に思われるだろうが、
私にとっては、なんだかついこの間の事のような感覚。
まっ、歳取った ということなのであります。

で、ちょっと感傷的になっているオバさんに
きょうは、お付き合い下さいませ。

以下、33年前の写真。
b0245488_7121190.png
1980年3月

b0245488_7145959.jpg
1980年5月

b0245488_7181043.jpg
1980年5月

あっという間の33年間でした・・・・

『浦島太郎』のお話は、
結局、こういうことを言っていたのではないかと思う
今日この頃であります。
by akimimiyazaki | 2013-02-23 07:26 | 暮らし | Comments(4)
Commented by b.lab_BTR at 2013-02-23 21:21
うわぁーーー!!!懐かしい写真。
2枚目くらいの息子ちゃんを抱っこしている写真があります。
あっという間の33年。
そうですね、きっと浦島太郎の玉手箱は思い出がいっぱい
入っているのでしょうね。
今、わたしの玉手箱もちょっと開いて楽しい時間でした。

Commented by akimimiyazaki at 2013-02-23 23:00
ニコちゃん、長ーいおつきあい ありがとうございます。
今度、日本で一生に玉手箱開けましょうかね?
Commented by schoeneswetter at 2013-03-04 02:08
息子さまは、私は、だんなさんと同じ年でした。私は、ちょいと姉さん女房なのですが。自分の子供の誕生日って、どんな気持ちなんだろうと、最近、友人の子供の誕生日で考えていました。きっと、自分の誕生日とは違う、うれしいような、感謝してしまうような、そんな気持ちなのかしらとか。やっぱり感傷的になってしまうんですね。素敵だな〜。3枚目の写真も、とっても素敵。ここは、どこですか?
Commented by akimimiyazaki at 2013-03-04 07:51
schoeneswetterさん、うちの息子とご主人が同い年ですか? まあ、こちらもびっくり! で、3枚目の写真は、ベルリンでーす。そうでーす、うちの息子はベルリン生まれでーす。詳しくは、schoeneswetterさんのサイトにコメントしました。ではでは。